〜始まりの終わりとなる日々に〜

スピンオフ 第8話 偽恋

「ジニー・ランフォード…ジニーさんって言うんだ」
 三度目の対面でようやく名前が聞けた。けど魔法少女って
「なるほどなるほど、やっぱりねえ」
 ?ヒューイ?やっぱりってどういうこと?なんか頷いてるけど。
「いや初めて会ったとき、この子妙に驚いてたでしょ?どうもあのとき、ボクを見て驚い
ていたみたいだったからさ」
(………たしかにあのときのジニーさん、とんでもないものを見たような顔して逃げてっ
ちゃったような…)
「そうだったの?」
「は、はい。ただ勘違いでもいけないし、魔法世界のこと、一般の人がいる前で言い出
すわけにもいかなくて…そうじゃなくても、突然すぎてびっくりしちゃいましたし」
 …ヒューイさん?なんでそれ、黙ってたのかな?
「いやあ、最初は単にタイミングのがしただけだったんだけどさあ、でも敵襲系の話じゃ
ないし、その後の展開見ていたらこりゃ黙って観てた方が面白いなっt」

ゴスッ

「痛あ!ぶ、ぶったね!本気でぶったね!?」
 まったく…ホントにこの青じそヒヨコはいい性格してる。
「あの…アル…さん?」
「あ、うんゴメン。変なとこ見せちゃって」
「パートナーの名前、ヒューイさんって言うんですね。…えっと、その後の展開って?」
「あ!い、いや別に全然大したことじゃないから!ホント!気にしないで!!」
「はあ…」
 きょとんとしてるジニーさんの奥で、ゴーツさんが笑いを噛み殺しているのが見えた。
きっとどういうことが起きていたのか、想像がついているんだろうな。そのうえで黙って
いてくれる、大人の判断には感謝したい。えっと、とにかく今のうちに話題を変えないと。
「あれ、ところでジニーさんも魔法少女なら当然相方いるんだよね?一体どこに」
「俺だよ」
「えっ?」
「改めて自己紹介するぜ。俺はゴーツ・ドーシュ、お嬢の…二代目ライアの相方だ」
「???この人が…相方?二代目…ライア???」
「に、二代目?ライア様の、二代目???」
 さっきまでうずくまってたヒューイも目を丸くしてる。
「お前はヒューイって言ったか?大方テメエが知ってるのは初代の方だろ。初代ライア、
本名アリス・ランフォード、お嬢のひい婆さんだ」
「ひい、オバアサン」
 ヒヨコだけど鸚鵡返しに言うヒューイの顔から、魂が抜けかけている。やっぱり、人が
80年も現役を続けられるはずはなかったんだ」
「まだ生きてるしトシのわりにはすこぶる元気だけどな。お嬢のことはよろしく頼まれた。
昔の話とは言え、戦友の頼みじゃ断れねえ」
「え?戦友?」
「俺は初代とも組んでたからな」
「初代とも?けど、それって80年くらい前の話だって…」
「とりあえず、見た目どおりのトシじゃないとだけは言っとくよ。生まれも育ちも向こう側
なもんでな」
「生まれも、育ちも」
 その言葉に僕は何の気無しに頷く。けれど隣でヒューイの顔は、ちょっと震えている
「あの、と、と言うことは、それではもしかしてあなたさまは」
「ああ、プロパーだ」
「げっ」
「…おや?」
 凍りつくヒューイの頭をゴーツさんはむんずと掴む。絵に描いたような鷲掴み。たぶん
力もけっこうこもってる。
「いま目の前のヒヨコが“げっ”って言った気がするんだが、気のせいか?」
「は、はははハイ、そ、そんな滅相もない!」
「ほう、そうかい。となると、俺の耳がボケてる、そう言いたいんだな?」
「い、いいえ!そのような意味では決して!!」
「まあいい、こうして会うのも何かの縁だ。お前と相方が死なないように、レクチャーくら
いはしてやるよ。二人のレベルは13、力がついてきて舞い上がりやすい、一番危なっ
かしいレベル帯だからな」
「あ、ありがとうございますぅ〜〜〜」
 …どうやらヒューイとゴーツさんの間には、相当な差があるらしい。て言うか魔法の国
って案外身分社会で階級社会で格差社会?なんか世知辛いな。ってそんなことより!
「ということは、君が僕を助けてくれたんだ…」
 状況を理解した僕は、それをまず最初に言わなくちゃいけなかったことを思い出した。
そう、昨日光の矢を山のように放ってくれたのは目の前にいるこの、小柄な女の子…
「あ…え、はい…」
「なんて言うか…すごいんだね」
「あ…ありがとうございます…でも、戦うのは初めてだったから一杯一杯で、狙いは全
部ゴーツさんがつけてくれて…本当に、全然私の力じゃ…」
「あれが…初めての実戦…?」
「はい…」
「………」
 どうしよう、話が続きそうな気がしない。自分も饒舌な方じゃないって自覚してるけど、
ものすごくシャイって言うかせっかくの同業者なのにシェリ姉とかとキャラが違いすぎて、
どう接したらいいものかがまるで掴めない。
「どうしたお嬢。照れてんのか?」
「ごっ、ゴーツさんっ!」
「普段は兄ちゃんと姉ちゃんのガードが堅くて男子とロクに話もできないもんな」
「そっ、そういうのじゃないですっ!」
 …兄弟いるんだ…
「ああ。3コ年上の、双子の兄ちゃんと姉ちゃんがな」
 …たしかに末っ子っぽい感じはする。いやむしろ全身でそれを表現してる気もする。
「兄弟仲が良いのにケチをつける気はないんだが、ああも過保護じゃ本人のために
ならねえなと。今回も散々」
「だからゴーツさんっ!そういう言い方はやめてくださいって!!」
 なんかムキになって怒りだした。ホントに仲の良い兄妹なんだろうな。こっちは一人っ
子だから、ちょっと羨ましい。
「わかった、わかったから。頼むから話を前に進めさせてくれ」
 しばらくこっちは置いてけぼりの言い合いが続いて、最終的にゴーツさんが折れた。
 ゴーツさんはコホンと軽く咳払いをして、ティーポットからみんなに美味しい紅茶を一
杯注いでくれる。そしてカップを片手に、ゆっくりと僕に話しはじめた。
「アルって言ったな。まあ分かってると思うが、最近このあたりが随分きな臭くなってきや
がった」
 その言葉に、僕は無言で頷く。
「まだ背後に何がいるのかは調査中だが、もしかしたらカブロンのヤツが絡んでいるかも
しれん」
「カブ…ロン」
 たしか昨日の夜、興奮したヒューイが出してた名前だ。初代ライアが倒したっていう。
「ああ。そしてもしもヤツが再動したんだとしたら、そいつをまた眠らせるのは俺の責任だ
からな。そんなワケで初代と一緒にあちこちに手を回して、短期の交換学生扱いのお嬢
と一緒にこっちに越してきたってワケだ」
 なるほど。道理でうちの制服を着てる割に学校内で誰も見たことのない顔だと思った。
「それで、ここから先がお前さんに頼みたいことなんだが」
 その一言で僕の心臓がドクンと高鳴った。この流れだ、少しは覚悟もできている。でも
何が来る?どんな戦いが僕を待つ?緊張で乾きを増してきた喉を潤したくて、そして表
向きだけでも少しは平静を装いたくて、僕は紅茶をまた一口、口に含んだ。
「お嬢の彼氏やってくれねえか?」
「ごふぉっ…」
 飲みかけていた紅茶を、僕は豪快に吹き出す。え?な、何か聞き間違えた???
「おいおい、汚ねえな」
「ゲホッ…え?いや汚いってゴホッ、そりゃむせたくもエホッ、なります!」
「…咳き込むか話すかテーブル拭くかのどれかにしてくれないか?」
「え…いや、すみませ……ハァ……ハァ……ふぅ……」
深呼吸すること数回、ようやく少し落ち着いてきた。ジニーさんの方は幸い紅茶を口に含
んでいなかったみたいだけど、うずくまってプルプルと震えている。顔は見えないけれど
耳は真っ赤。とりあえず、紅茶が彼女にかからなくて良かった。
「えっと…それで、何の話でしたっけ?」
「だからお嬢の彼氏やってくれないかって」
「あの…いや、言ってる意味が分からないって言うか、そもそもなんでそんな唐突に!?」
「そうですゴーツさん!私もその話聞いていません!」
「そりゃまあ、今考えまとめたとこだからなあ」
「「ちょっ…」」
 なんか今、声がハモった。
「こっちは昼間は昼間で今起きてる現象についていろいろと調べたいし、そもそもお嬢と
一緒に学校につきっきりってワケにもいかねえからな。そうでなくても初めての街で案内
役がいてくれたら助かる。加えて初代からも、お嬢に変な虫がつかないようにって頼まれ
ている。とまあ、そんな事情だからアルが協力してくれるんなら助かるし心強いんだが」
「………(この人の言ってることには、どっから突っ込んだらいいんだろう)」
「言っとくが俺はお前のこと買ってるんだぜ?同業者で身バレのリスクが無いっていうの
もあるが、ジュザ戦の話も聞いたしバロン戦でも危なっかしかったが根性を見せてた。
そういうのも見た上で、俺からの頼み事だ」
「頼み事、ですか」
「もっとも、既に付き合ってる相手がいるから困るっていうのなら無理強いはできねえが」
「付き合ってる、相手…」
 当然のように、シェリ姉の顔と、好きになったときみたいにたくさんの思い出が頭をよぎ
った。けれどその思い出の最後に、さっきここに来る前にした話のことがやってくる。

「なんか動きも硬いし。あ!もしかしてデートとか?」
「じゃ〜ね〜グッドラ〜ック」

(なんであんな言い方するんだよ…でも…でももしも…)
(もしも僕が誰かと付き合い出したって言ったら、シェリ姉はどんな顔をするんだろう?)
(驚くかな?慌てるかな?見直すかな?心配するかな?祝っちゃったりするのかな?それ
とも…それとも少しは、焼き餅焼いたりしてくれるのかな…?」
 そんなことを考えながら僕はまた、ジニーさんの顔を見た。性格とか全然違うんだけれど、
なんとなくシェリ姉と顔立ちが似てる。二人並べて姉妹ですって言ったら、信じる人もわりと
いるかもしれない。けれどそんなことを抜きに考えても、改めてみてもやっぱり…うん、やっ
ぱりかわいい。僕が…この子の彼氏役?
「あの…えっとジニーさんは、その、いいの?ゴーツさんの言ってること」
「え?それは、その…私もこの街のこと知らないし、それに、お、お芝居、なんですし…」
「そ、そうだよね」
 やっぱり向こうもバツが悪いのか、こっちの顔を見ようとしない。そして僕の口からも、笑
えるほどに乾いた笑いが口から出る。そう、これはお芝居。お互いにそう決めた、同意の
上での演技。何も相手を騙すようなマネをしているワケじゃあない。断じてない。そもそも
こんな子に騙しにかかるとかそんなマネしたら、もうそれ自体がアウトだと思う。
「ふ、不安は消しといた方がいいからね。その、僕に出来ることならジニーさんに協力させ
てもらうよ」
「あ、ありがとうございます…」
「おいおい、その言い方、ちょっとかしこまりすぎなんじゃねえかい?いきなり呼び捨てに
しろとは言わねえが」
(う…)
 横からまたゴーツさんが話に割り込んできた。なんかこの人、絶対に楽しんでる気がする。
て言うか横でヒューイも、意気投合したかのようにニヤニヤしてる。
「そうそう、周りに演技って怪しまれないようにしないとね。出しましょう親密感、醸しましょう
恋人感、毎週火曜はハグの日で!」
 …なんかの漫画かテレビドラマみたいなセリフを…
「は…ハグの日…ですか…ハグって、いわゆる、あの…」
 こっちもこっちで顔がさっきよりも真っ赤になってるし…
「えっと、あの鳥肉の言うことは真に受けなくていいからね?あとでちゃんとシメとくから」
「わ、私も手伝います!これでも料理は得意ですから!」
「ぶふっ…」
 あまりに予想外なセリフが思わずツボに入った。いやいやいや、そうじゃないから。
「そうなんですか?」
「いやまあ、ちょっとは考えたことあるけどね。契約してからお腹すきやすくなったし」
「とりあえず、考えたことはあるんですね」
「まあ、ね。ただほら、うちのオーブンそこまで大きくないから」
「あ!うちのはけっこう大きいですよ?ヒューイさんのサイズでもたぶん何とか」
「二人ともなにくだらねーコト話してやがる」
「「え?」」
 ゴーツさんの声で僕らは我に返った。やっぱり自分たちのところの住人を食材扱いされ
たら気分悪かったかな。
「ここをどこだと思ってるんだ?」
「どこって?」
「あるに決まってんだろ、ナベもオーブンも業務用のが」
「ヒィィッ!!!」
「プッ…」
「ハハッ…」
 ヒューイには悪いけど、なんだか力が抜けて無性に笑えてきた。それはどうやら向こう
も同じで、お互いしばらく笑いが止まらない。まあとりあえずヒューイをガラ、じゃなくって
ダシに場の雰囲気を和らげることができたんだから、シメるのは免除にしておこう。けど
呼び方か…たしかにずっとさん付けっていうのも堅苦しい。
「ちゃん付けでも大丈夫?」
「はい!普段もそう呼ばれることが多いですから!えっと、それとアルさんの方は…」
 なんかものすごく真剣に考えはじめた。いや、そこまで真顔で考えられても。この子の
センスがまだ分からないから変なのが出てこないと良いけど…
「先輩!」
「へ?」
「アルさんのこと、先輩って呼んでいいですか?二年生だし実戦デビューも私より先でし
たし!」
「せんぱい…」
 急に言うから、一瞬誰のことを言ってるのか本気で分からなかった。帰宅部だし生ま
れてこの方、そう呼ばれたことは一度も無い。正直予想外だし、ちょっとくすぐったい。
「いいんじゃねえか?いろんな意味で自然な感じで」
「うんうん、いかにも青春って感じの響きだしね」
 …どうやら他に選択の余地は無いらしい。まあ、慣れるしかないかな?
「それじゃ改めて、よろしくジニーちゃん」
「こちらこそよろしくお願いします。アル先輩っ!」

第8話 完



登場人物紹介:

アル:たぶん直前にシェリーと話をしてなかったら、偽の恋人なんて話は受けていま
せん。そういう意味じゃ、やっぱりシェリーがどう動くかがアルの選択に直結してます。
しかし彼の選択があらゆる意味で吉と出るか凶と出るか…現時点ではどうなるのか
全くの不明と言うか未決定。ただジニーを騙したらアウトとか、どの口が言うのかと。
また今回のタイトル、読みは「ぎれん」「ニセコイ」どっちもありかなと。

ヒューイ:殴られたり夢が打ち砕かれたりパワハラされたり実は相方から冗談半分
ながら食材として見られていたことが判明したり周囲がそれに悪ノリしたり…実は
今回の彼はかなり不幸なのかもしれません。マスコット(?)キャラの宿命?

シェリー・ハランツ:6話に続いて回想シーンのみの登場。なんでしょう、このままだと
本格的にヒロインとしての立場が危うくなりそうな気がしてきました

ジニー・ランフォード:魔法少女、二代目ライア。上の兄弟の名前はアーサーとユエリ。
四兄弟中三人が一緒となると、むしろシェリーの方が存在として本筋から外れている
んじゃないかという気がしないでも。

ゴーツ・ドーシュ:ジニーのパートナーでヒューイから見たらある意味上司。軍隊で言う
なら少佐と一等兵、企業で言うなら副部長と平社員くらいの格差があります。セクハラ
じみた発言も相変わらず、主人公に飲み物吹かせるのも相変わらずですが、貴重な
大人枠、先輩枠としての役目を(たぶん)きっちりと果たしてくれるでしょう。



「始まりの終わりとなる日々に」トップに戻る

オンライン小説のコーナーに戻る

トップページに戻る