〜始まりの終わりとなる日々に〜

スピンオフ 第9話 興味

 僕達の通っている学校、夢幻之星学園は中高一貫、男女共学の私立校だ。

 偏差値もけっこう高くて、世間的にはいわゆる進学校に分類されている。

 つまり週休2日なんていうシステムとは縁遠くて、土曜も午前中はしっかり授業
があって、そしてそれが何を意味するかと言うと

「いよう、アル吉ぃ」
 …金曜日に何かあったりすると土日を挟めず、早速こんな風に級友に絡まれる
ことになる。
「えっとさ、まずはそのアル吉って言い方やめにしない?」
「んなこたぁどうでもいいんだよ。昨日はコソコソと逃げまわりやがって。それで?
あれから結局どうなったんだよ?」
「あれから?どうなった?何のこと?」
「とぼけんなよ、昨日クラスに来たあの女の子のコトだよ。みんな注目してるぜ。ま、
ギーグでナードなアルのことだ。どうせこの手紙を誰かに渡してくださいとか、伝言
お願いしますみたいなオチがついたのは目に…見、え…」
 なんか言葉が止まって硬直した。まあその原因はこっちも分かってる。原因は今、
僕らの目の前にいる。
「おはようございます!アル先輩っ!」
「おはよ、ジニーちゃん」
 彼女の元気な声に、僕も笑って応えた。できるだけ自然に、優しげに。
「お取り込み中ですか?」
「ううん全然?行こうか」
「はいっ!」
 僕は級友の手から抜けだして、そんな僕の右手を、ジニーちゃんは両手でギュッ
と掴んで引っ張る。
「な、なに…なんか、なんつーか、お前、もしかして…」
「ご想像にお任せするけどまあ、そういうこと」
「マジかよ…えっと、ジニーちゃんって言った?一体こいつのどこが!?」
「え?どこがってえっと、その」
「………」
相手がジニーちゃんの肩を掴みかねない勢いだったから、僕は二人の間に割っ
て入る。顔が真っ赤なジニーちゃんの前に立って、右腕をスッと横に差し出す。
「やめてよね、ジニーちゃん困ってるじゃない」
 こんなことやるのも、こんなセリフを言うのも、もちろん初めてだけど、我ながら
びっくりするくらいに身体が自然に動いた。
「デリカシー無さすぎ。そんなのだからモテないんじゃない?」
「ぐはっ…」
(うん、完全勝利)
 絶句する相手をあとに、僕はジニーちゃんと仲良く学校に向かって歩き出した。
 なんか後ろで級友の声にならないうめき声や、メデューサに見つめられたかの
ように石化する音が聞こえた気がするけれど、とりあえず気にしない。もし時間に
なっても教室に来ないようだったら、放課後に理科準備室にでも忍び込んでアル
シュリンを作って持ってこよう。

「ごめんね、大丈夫だった?」
「だ、大丈夫です!ありがとうございました!」
「いや、そもそも原因作っちゃったのこっちみたいなものだし」
「いえ、えっと、さっきの先輩、その…かっこ良」
「?」
「じゃなくって!そういえば先輩、ご両親ってもう帰ってきたんですか?」
「ううん、なんだか仕事が片付かなかったみたい。今日中には絶対戻るって言って
いたけどどうなることか」
 実際確率は五分五分なんだよね、父さん達がああいうときって。ま、慣れっこだし
別にいいんだけど。
「それでしたらお昼、うちに来ませんか?ゴーツさんが“メシくらいいつでも食べに来
いと伝えておけ”って言ってました」
「いいの?それは正直助かるけど」
 そういえば家の食料も食費もほとんど残ってなかった。こんなこと、もちろん初めて。
今日は土曜で給食も無いし干上がってたかもしれない。
「わかりました!ゴーツさんに伝えておきます!あ、あと、それとその…」
「ん?」
「あの、先輩がよければ、食事のあと一緒に街を回りませんか?私もこっちに来た
ばかりでまだまだ不案内で…ゴーツさんも忙しいみたいですし」
「うん、もちろんいいよ。ゴハンのお礼に、喜んで」
「ありがとうございます…」
「だからそんなにかしこまらなくていいって。当然のことなんだから」
「そっ、そうですよね!今のわたし達って、その…」
「あ、いや、そういうのは声を張り上げなくていいからっ!」
「すっすみません…あ、わたしの靴箱こっちですから…」
「う、うん、また後で…」
(…行っちゃった…大丈夫かな…色んな意味で)
 これからどうなるんだろう。正直、色んな意味でドキドキする。

「ぷっはぁ.........」
 トイレの個室に入って鍵をかけると一気に緊張が抜けて顔が熱くなった。放課後
一緒に食事をして、それから街を周って案内する。あの言い方だとゴーツさんとは
別行動みたいだし、つまり世間的に見たらデートってことになるよね?
「一応、ボクも同行するんだけどね。存在忘れてない?」
 まあ、そりゃそうなんだけどさ。でもヒューイ、みんなからは見えないし。
「だね。とりあえず極力二人のお邪魔にならないよう、最大限の距離を取って、なる
べく物陰に隠れるように努力するよ」
 …そりゃどうも。
「しかしキミもなかなかの役者だねえ。さっきのあの振る舞い、いかにも頼れる先輩
って感じがよく出てたよ」
 それは、我ながらびっくりしてる。なんなんだろうね。人前で演技するとかガラじゃ
ないと思ってたんだけど。
 もっとも、実際心臓はバックバクだったけどね。学校までの道も、なんか明らかに
他の人たちからチラチラ見られてたし。そういうのに視線合わせないよう必死だった。
「そりゃ、それが目的だもんね。二代目ライア様に普通の人間がアプローチをかけ
てきたら正体がバレちゃう危険は上がるし、そうでなくても巻き込まれるリスクも上が
っちゃう。それを避けるための偽装恋人作戦なんだから。ある程度は目立たないと
イミが無い」
 偽装…うん偽装、それは分かってるんだけどさ。
「なんか残念そうだねえ。もしかして、ホントに好きになっちゃった?」
「違っ!…」
 トイレの個室内だってことを一瞬忘れて思わず声を張り上げかける。ヤバい、ヒュ
ーイの声は他の人には聞こえないんだし、これじゃかなり怪しい人だ。
 ってなんかチャイム鳴ってるし、これから半日はしっかり守りを固めないと。ジニー
ちゃんも頑張って役になりきろうとしてたし、こっちもしっかり頑張って合わせないと、
役目とか以前にハジをかかせたら可哀想だし失礼だ。それに何より、ものすごく箱
入り娘っぽいから、僕がしっかりしないといけない。
 使ってないけどとりあえずトイレは流すだけ流して、小走りで教室に向かった。まず
は今は、授業に集中!

 …そう言い聞かせてから五時間後…

「お嬢!3番テーブルさんの注文聞いてきてくれ!」
「はいっ!」
「アル!空いてる皿の片付けとテーブル拭きを頼む!それと皿洗いも頼めるか!?」
「分かりました!」
 お腹を空かせて喫茶店に行った僕を待っていたのは、10席ばかりの椅子は全部
埋まっていて、外には15人ばかりのお客さんが列を作っているっていう、とてもじゃ
ないけどのんびりゴハン食べてなんかいられない状況だった。
(まあ仕方ないかな)
 えっと、まずお皿を洗い場に持ってって、お客さん待ってるから先に布巾でテーブル
拭いて、洗剤は…と。ここの食洗機の使い方わかんないし、この量なら手洗いの方が
早いな。まずは小鉢から。
「なかなか手際がいいねえ」
 うるさいな。どうせその手(羽?)じゃ手伝えないんだろうから静かにしててくれる?
「はいはい」
「先輩!こっちのテーブルもお願いできますか!?私お会計やってきますから!」
「了解!」
 ああもう、こうなりゃもう乗りかかった船だ!指紋一つ残さないくらいピカピカに磨く
から、何枚でも持ってきて!

 そんなこんなで1時間ちょっと

「いやあ、悪かったな思いっきり手伝わさせちゃって」
「ホントですよ。て言うか身内でもない中学生を労働に使うの、本当は違法ですよ?」
「だな。しかし懐かしいな」
「懐かしい?」
「昔は初代ともこんなやり取りしてたからな」
「ひいお婆ちゃんとも、ですか?」
「ああ。何せこういう店っていうのは、変身物の溜まり場の定番だって聞いてるからな」
 …いや、それはそうなんだけど。て言うか喫茶店やってる理由って、単純にそれ??
「とりあえず、遅くなったが二人とも食ってくれ」
 笑いながらそう言うとゴーツさんは山盛りのスパゲティを出してくれた。味付けはトマト
ケチャップ、具はソーセージやタマネギ、それにピーマン。シンプルだけどものすごく美
味しい。昨日の紅茶も美味しかったし、この味だったら絶対明日以降も繁盛すると思う。
「ありがとよ。けどまあ、喫茶店やるのが目的でこっちの世界に来たんじゃねえし、バイ
トでも連れてくるかね」
「バイト?」
 それこそ本末転倒な気が。
「大丈夫なんですか?その…部外者を巻き込んじゃいけないって昨日」
「ツテはあるから心配すんな。そんなことより」
「「そんなことより?」」
「街歩きする約束だったんだろ、行ってこいよ。ちゃんと口拭いてな」
 ゴーツさんは笑ってそう言うと、バイト代と称していくらかのお小遣いを握らせてくれて、
そして僕らを店から叩き出した。

「えっと…ジニーちゃん、どっか行きたいところある?」
 違う、そうじゃない、口でそう言いながら、頭の中では自分の言葉に突っ込みたくなる。
女の子相手にこんな丸投げするような言い方、たぶん絶対NG。でも、じゃあどう言えば
良かった?僕はまだジニーちゃんのことを何も知らない。好きな色も、音楽も、漫画も食
べ物も。
 今も自分がいいと思う場所に案内するのがいいのか、それとも相手から情報を引き出
すのが先決なのか、それすら分からなくて、沈黙に耐えかねて中途半端な言葉が口から
出ていた。って言うかあくまで恋人のフリをするだけって話なのに、本当に付き合ってる
ワケじゃないのに、なんでこんな緊張しているんだ僕は!
『女子との会話って無理ゲーじゃん』
 まだ相手の返事も聞いてないのに、最近読んだ百万部以上売れたという小説の一節
が頭をかすめた。
「あの、先輩?」
 その一言で僕も我に返る。
「文房具屋さんってどこにありますか?こっちに来る時、ホチキスとハサミを家に置いて
きちゃったから」
(ホッ…)
 無難な返事に、まずは感謝したい。文房具だったら、昔からやっているお店が表通りに
ある。値段は定価だけど、品揃え的にはそこに行けば間違いない。お店をやってるオバ
サンが無愛想なのも、考えをまとめるにはこのさい好都合だ。
「あらあらいらっしゃい、見ない顔ねえ、転校生?」
(え?)
 今の、店のオバサン!?なんか聞いたことない明るい声が聞こえてきたんだけど。
「短期の交換留学生!あらまあ優秀なのねえ!ハサミとホチキスが欲しいの?予算は
どれくらい?これなんてコストパフォーマンスいいわよ?色はピンクと黄色と青があるけ
れど、どれがいいかしら?」
(え?え?えええええ?)
 あのオバサンとあんなフレンドリーに…なんて言うか、さすが伝説の魔法少女の血筋?
「いや、たんにキミが嫌われてただけなんじゃないのお?」
 …うるさい、と言いたいけど…いや、けど無愛想って言ってるのは僕だけじゃないし…
「負け惜しみ負け惜しみ」
 いや、だから
「先輩!おまたせしました!!」
「あ、お会計終わったんだ」
「はい!デゾリスペンギンのマグネットまでオマケで貰っちゃいました!…あれ?先輩、
どうかしましたか?」
「…いや、お礼、ちゃんと言った?」
「はいっ!」
「あら」
 瞬間、オバサンの視線が僕に向く。
「アンタの顔は見覚えがあるわね」
(顔を覚える程度の認識はあるんだ)
「この子の案内役?」
「ええ、まあ」
 来ておいてなんだけど、この人ちょっと苦手だから会話は短く済ませたい。そう思った。
そう思ったんだ、けど
「文房具屋さん行きたいって言うから。ここの品揃え、このあたりじゃ一番いいですし」
 普段は言わないような、誉めの文句が口から出ていた。
「学校のみんなもそう言ってます」
 ついでにもう一言、我ながら珍しいセリフが出る。
「あら、ありがと。これからもよろしくね」
 笑顔でそう言うオバサンに手を振りながら、僕らは店を出る。

「……………」
「あの、先輩?」
(別に、愛想のいいとこ見せようって思ったワケでもないんだけどな…でも、なんか…)
「えっと…どうかしましたか?」
「あ、いや」
 瞬間、僕がお店を出てからずっとジニーちゃんのことを見ていたことに気づく。ほんの
数秒のことだと思うけど、もしかしたらもっと長く感じてたかもしれない。
「えっとジニーちゃんってさ」
「はい?」
 不思議な子だよね、そんな言葉が喉元まで出かかったから心で急ブレーキを踏んだ。
さすがに思っていても言えるワケがない。
 けれどあの無愛想なオバサンを上機嫌にさせて、なんでか知らないけど僕の口からも
相手をあんな風に持ち上げる言葉が自然に出させたのは、間違いなくこの子の力だ。
でもそれをいつまでも引きずっていても話が前に進まない。
「ゴーツさんのお店手伝ってたとき、けっこう手際良かったよね」
「あ、あれですか?お祖母ちゃんの家が食堂やってて、たまにお手伝いするんです」
「へぇ…」
「先輩、今意外だって思いましたよね?」
「え?いや、まあ、ハハハハハ…」
 案外鋭い。
「でもそれを言ったら先輩だって」
「?」
「あの洗い物の手際の良さはどこで覚えたんですか?」
「え?」
 普段通りにやってただけなんだけどな…あ、でも
「親が帰ってきたときに実験の道具とか出しっぱなしにしてると叱られるし、たまに不意
討ち的に帰ってくるから、それに対応してるうちにスキルアップしたのかも」
「絶対そうですよ!でも、それで適当に押し込むんじゃなくてきちんと洗って片付ける
なんて、マジメなんですね」
(マジメ…か)
 そんなこと、これまで意識したことも無かったな。ジニーちゃんに言われなければ気付
かなかった。うん、なんて言うか…
(こういうことを言ったらまた失礼なのかもしれないけど)
 この子に、興味が湧いた。もっとジニー・ランフォードっていう女の子のことを知りたい
と思った。なんて言うか、これまでに無い感覚でちょっとドキドキする。これまでクラスの
女子相手にそんなこと思ったことは無かったし、シェリ姉相手にはなおさら持ちようの無
い感覚だ。
「あら?アル?」
(うん、このすっかり聞き覚えがある声、シェリ姉を相手に『意外な一面』を見つけること
なんて、良くも悪くも考えられない。だって僕はまだ十四年しか生きてないのに十年以上
…って、あれ…?)
「あんたも買い物?」
(まさか、このタイミングで…?)
「って、そっちの子、誰???」
「シェリ姉…」
 何も悪いことしてないのに、シェリ姉の顔を見たまま自分の顔が笑顔で固まるのを肌で
感じた。そしてちょっと泳ぎがちになった僕の目には、距離を置いてニヤニヤしてる相棒の
青じそラッピーの姿が写っていた。

第9話 完



登場人物紹介:

アル:ジニーと話をして人には見かけによらないところがあると気づいたり、自分自身
にも見落としているところがあると気づいたり、日常の中で少し成長。でも次回は修羅
場?もっともそうなった方が彼にとっていいのか、あっさりスルーされる方がいいのか
というのは微妙なところ。

ヒューイ:今回もあえての傍観者。「ヒューイはようすをうかがっている(某RPG風に)」

シェリー・ハランツ:今回は回想シーンじゃありません。ちゃんと生身の出番です。次回
はどうするか、現時点では全くの白紙。

ジニー・ランフォード:シェリーとアルが「お互い何でも知ってる関係」ならジニーとアルは
「お互い何も知らない関係」。食堂の手伝い経験は初代時の交差のアリス(実家が大衆
食堂)から。名前同様、アリスの成分も少しずつ含んでいくことになりそうです。

ゴーツ・ドーシュ:今シリーズでの彼の基本コンセプトは「アルと仲良し」。スピンオフだか
らできるネタということで。本編でも和解させたいんですが。

文房具屋:店にモデルはありますが、オバサンにモデルは特にいません。あえて言うなら
ファンタシースター2のクローンラボの人を肌の色を普通にして少し若くした感じ?
たぶん次の出番はありません。



「始まりの終わりとなる日々に」トップに戻る

オンライン小説のコーナーに戻る

トップページに戻る