PhantasyStar 〜時の交差〜

第二話 カーニバル

それから数日後の出発当日、二人は駅のホームにいた。ティリアからネオカミニートは相当遠い。
普通の列車や船を使って行くとなると数日かかる距離である。アレン達はまず最初に夜出発の
寝台車で8、9時間程度の所にある町で夏祭りの盛大さでは世界的に有名な、「華やぎの都」とも
呼ばれるリオへと向かう事にした。

「アリス、随分眠そうだけど眠れなかったのか?」
心配そうに、そしてちょっと呆れた口調でアレンが言った。
「ちょっとね。だって旅行なんて学校のと近所の抜かしたら初めてだし。」
「ま、せいぜい列車の中ではよく寝とけよ、寝不足でぶっ倒れられても困るからな。」

と、二人がそのような話をしていると、列車のドアが開いた。彼らが乗るのは三段ベッド二つが
一ブロックになっている中等寝台、この他に個室の上等寝台、そして普通の座席と大きく三つある
のだが、この中等寝台が一番人気があり、車内は既にほぼ満員状態である。アレン達はキップを
取りだし、キップに書いてある座席番号に目をやった。

「えっと、ウチらの席は15番の上段・中段か・・・」
「ねえアレン、私上の方行っていい?」
「え?上の方が狭いし揺れるぞ。」
「かまやしないわよ。」
「何とかとケムリは・・・ってヤツか?」
「ん?何か言ったかしら?アレン?」
「い〜え、何にも。」
「あっそ。」
それからアリスは荷台に自分の荷物を置くと車内に目をやった。色々な人がいる。幼い子供連れの
夫婦、故郷の子供へのお土産と思しき玩具を大事そうに抱える男性、窓の内側から恋人との別れ
を惜しむ女の人に行商風の男性・・・もちろん自分とそう年齢の変わらない人もいる。そんな様々な
人達を、アリスはぼんやりと眺め、そして思った。彼らは今、どんな気持ちでこの汽車に乗って
いるのだろう、と。そんな感慨にふけっているうちに、列車の発車ベルが鳴り、ガタン・ゴトンと
鈍い音を立て動き出す。列車が動き出すとアリスはガイドブックを読んでいるアレンに話しかけた。

「ねえアレン?」
「ん?」
「リオの夏祭りって、どんなのなのかな?」
「さあねぇ・・・俺も行くの初めてだからな。なんでも町中がお祭り騒ぎになるってんだろ?普段
 働くのは祭りの資金稼ぎのためだって言うヤツもいるぐらいだからな。ティリアのなんかとは
 比べ物にならないんじゃないのか?俺にもちょっと想像つかないや。」
「じゃあ、着いてからのお楽しみってトコかしらね。」
「ま、そういうコト!」

翌朝、アレンは先に起きていた、というか興奮と寝台車の揺れでろくすっぽ寝つけられなかった
アリスに叩き起こされた。リオ到着まであと小一時間。アレンはまだ寝れるのにとぼやきながら
起きあがり、深呼吸を一つすると、洗面所に行き、冷たい水で眠たい目を覚まそうとした。そして
洗面所からの戻り際に窓から外を見てみると、遠くにアドバルーンや巨大なテントが見えてきて、
アリスは言うに及ばず、平静を装っていたアレンも段々と興奮してきた。そして列車が駅につき、
ホームに降り立つと空に鳴る空砲の音や、楽隊の演奏も聞こえてくる。そして混み合った改札を
通り駅を出ると、そこには宿の客引きやら物売りやらが大挙して集まっていた。

「そこのお兄さん!ホテル・ド・リオ、シャワー・トイレ付きで一人25メセタからだよ!」だの
「今朝ウチの石釜で焼いたパンで作ったサンドイッチ、朝飯にどうだい?2メセタ!!」だの、
「土産の定番、旅の思い出絵葉書セット!10枚3メセタでどうだい?」だの、よく言えば賑やか、
悪く言えば騒がしい事この上ない。二人が生まれ育ったティリアとは全くの別世界がそこにあった。
とりあえず二人は、スリだけには細心の注意を払い、宿を予約をし、祭りの中心部へと向かった。
中心部の賑やかさは駅の比などではない。屋台はもちろん、パレード、遊園地的な施設に芝居
小屋と、大人から子供まで、娯楽のニーズに応えるべき全ての物が揃っているといえる。アレンと
アリスは時の経つのも忘れ、食べ、飲み、そして遊んだ。そして日も暮れかかる頃、数頭の馬を
連れている一行にでくわした。

「おじさん、この馬は?」
アリスは一行のボスと思しき中年の男に尋ねた。
「ああ、こいつらかい?こいつらは明日のレースに使う馬だ。競走馬ってのは、気性が荒いから
 あんまり近づくんじゃないぞ。」
「そう・・・?とてもそうは見えないけど・・・」
そう言うとアリスは平然と馬主の制止も気にせず馬の前に近づいていった。馬の方もすぐそれに
気がついたが、全く荒ぶる風はない。アリスは馬に、人間に対するように話しかけ、その顔を数回
撫でて戻ってきた。そして馬群の中の一頭を指さし、言った。「あの子、速いでしょ。」と。
「あいつかい?あいつは今まで一度だってレースに勝った事がない穴馬だぞ?」
「そうなの?なんか速そうな気がするんだけど・・・」
「まあそれは明日になれば分かるさ。ま、子供に賭事勧めるわけにもいかんが、昼には応援に来て
 やってくれや。あ、明日のこいつのゼッケンは9番だからな。」

「アリス、どうしてあの馬が速そうだって思ったんだ?」
宿へ戻る道中、アレンはいぶかりながらアリスに聞いた。
「え?何となくよ。でもすごくそんな気がするの・・・インスピレーションってのかな?」
「ふ〜ん、じゃあ決まりだな。」
「決まりって、何が?」
「明日そのレースっての見に行ってみようぜ。昼飯賭けて。」
アレンの言葉に、アリスは一瞬困った顔をしたが、すぐにOKした。そして翌日の正午前、二人が
競馬場にやってくると既に大勢の人が集まり、予想談義に花を咲かせている。そして二人が壁に
架けられているオッズのボードに目をやると、たしかに9番のオッズは数十倍でダントツの最低人気
である。昨日馬主が言った通り、文字通りの「穴馬」であった。

「んじゃ俺は3番な」
オッズの一番低い番号を指さし、アレンは言った。当然アリスは猛烈に抗議する。アレンもまた
「我ながら意地の悪い」とも思ったが、その時は「貸し」という形で実質帳消しにでもしとけば
いいか、と思った。ちょっとアリスをからかえればそれでよし、と。そして二人がスタンドに入る
のとほぼ同時に、ファンファーレが鳴り馬が騎手にまたがられ、入場する。そして大歓声が競馬場
全体を包んだ。さらにそれから数分後、スターターがスタートフラッグを振り上げると、大観衆の
声は絶叫にも似たものとなり、二人は耳を塞がずにはいられなかった。

スタートで飛び出したのは1番人気の3番だった。3番はその後も加速し、一気に後続を引き離しに
かかり、9番は後方に埋もれている。アレンは思わずアリスに「してやったり」の表情を見せた。
しかし、オーバル(だ円形)コースの第2コーナーを各馬が立ち上がったところで異変が起きた。
9番が急激な追い上げを見せ、3番と最後の直線でデッドヒートを演じ始めたのである。予想外の
展開に、観衆の声は絶叫から悲鳴に変わる。そしてラスト数十メートルのデッドヒートを制したのは
アリスの言っていた9番だった。

その後競馬場は大混乱になった。あまりに予想外の展開、そして結果である。無理もない。二人は
逃げ出るように競馬場を後にした。

「ハァ・・・ハァ・・・」
「なんかエラい騒ぎになったな。」
「けど惜しかったわ〜10メセタでもいいから、年誤魔化して賭けときゃよかった。」
「ハハッ、まったくだな。」
「ま、終わった事をグダグダ言ってもしょうがないわね。なんか今の騒ぎでお腹も減ったし、お昼
 でも食べに行かない?今回は財布の心配いらないし!」
「え・・・覚えてた?」
「当然でしょ?明日の朝にはもうリオ出るんだし、お腹いっぱいここの名物食べとかないとね。」
「・・・・・・オニ」
「人の足元見て一番人気なんかに賭けるからよ、天罰天罰。」
「・・・・・・・・・」

翌朝早く、二人はまたリオの駅に来ていた。ここから数時間の所にある「港町」ニーヤへと行く
ためである。そこで渡航船に乗り、この星最大の大河にして物流の大動脈、イエローリバーを超え
さえすれば、もう首都までの距離も、残すは半分近いと言えた。

第二話 完

第三話を読む

オンライン小説のコーナーに戻る

トップページに戻る